世代によって違うおもちゃの感覚

おもちゃ、といわれて思い浮かぶ物は、世代によって様々でしょう。年配の方なら駒や羽根つき、少し下ってくるとメンコやお手玉、おはじきなどもあります。40代や30代になってくると、ゲーム機の世代になりますが、この辺りの世代ならラジコンカーや、女の子なら着せ替え人形が全盛期ですね。現在、おもちゃの専門店はその数を減らしていますが、電気店に大きなブースが取られている場合もあり、そこには、駒もあれば最新のおもちゃまで揃っています。親子3世代で、覗いて見るのも楽しいものですよ。

コレクションして楽しむおもちゃとは?

子供でも大人でも、種類を沢山集めるのが好きな方がいます。コレクション性の高い内容のゲームなども人気ですが、大人から子供まで人気のあるおもちゃといえば、ミニカーではないでしょうか。様々な種類の大衆車は勿論、消防車やパトカーなど、特殊な車両、そして海外の車までも網羅したミニカーには、大人のコレクターも沢山います。その精巧で再現性の高い小さな車は、ディスプレイへただ飾るだけでも、部屋の中で存在感をしめす重要なアイテムになります。

大人になった今だからこそ手に入れたい

子供の頃、欲しくて親に強請ったけど、結局買ってもらえなかった、と言う経験はありませんか?手に入れられなかったおもちゃを、大人になって購入する人が多くいます。子供の頃には高額に思えたそれらも、大人になれば、この程度だったのか、と思い、うっかり衝動買いをしてしまうそうです。幼い頃に憧れたドールハウスやブロック、ラジコン。今は昔よりももっと細かなデザインになったり、性能が上がっていたり、大人でも楽しめるようになっていますよ。

フィギュアを集めていると部屋がフィギュアで一杯になるので、処分したい時に高額でフィギュアの買取をしてくれる店を利用する人も多いです。